日常で「これ。。。おかしいよな?」って感じた事を気ままに綴っていくストレス発散利己主義ブログです。   リンクフリーです。通知して頂ければ、こちらからもリンクさせて頂きますよ。


by sakura_fub
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ:サッカー( 10 )

要りません

来年のW杯を睨んでの プレ大会である「コンフェデレーション杯」が ブラジルの優勝で幕を閉じた。
ロナウド、ロベルト・カルロス、カフーといった、世界を代表する選手を温存しての優勝だ!ww
決勝では 南米の雄・アルゼンチンを4-1で下しての優勝だ。凄まじいくらいの強さを見せつけた形になるww
ロナウジーニョを中心としての攻めに転じたブラジルのプレーは まるでサーカスのようにアクロバチックで さながら ラスベガスのイリュージョンショーを観ているようだったww

そんなブラジルと予選リーグで引き分けた 我がジーコジャパンは、個々が鼻高々に満足しているようだが、力の差は歴然だ。
あるスポーツ紙では、「来年の本番では 優勝も夢ではない!!」と報じるほどの バカさ加減だwww

確かに、この年代の選手たちは ユース時代に「マイアミの奇跡」と称される試合で ブラジルを破り、また、Wユースの大会でも 「準優勝」という 当時の日本サッカー界では考えられない、とんでもないことを成し遂げてきた世代である。

故に「ムー」自身も 「この世代の選手なら W杯優勝も夢ではない!!」と思っている。
絶対に優勝して欲しい!!と願っている。

しかし、アジア予選からの戦いを見ていると チームの完成度の低さには 嘆くばかりである。

ブラジルの選手のように サッカーってものが どういうものか よく知っているのなら 放っておいても チームとして連動し、機能もするのだろうけど、日本の選手には 現時点で それは不可能だ。
それは「カウンター」のプレーひとつを見ても 歴然だ。

あの強いブラジルでさえ カウンターとなれば ボールを持った選手を含め、3人、4人の選手が全力でゴールをめがけて力走する!!
しかし、日本選手は ほとんど走ることはない・・・・・・・
精々、攻撃の選手が1人、走っているだけだ・・・・・ひどい時には 誰も走ることもない。
ボールを持った選手だけが ゴールを目指している形になる。
これでは ゴールを奪うことは 到底無理なことだww

チームに中田のような戦術眼を身に付けた選手が あと数人は 欲しいものだww
ヒデとて テクニックだけを見れば 決して 世界レベルの選手ではないww
日本で一番のテクニシャンは 俊輔でもなく 間違いなく 「小野」であろう。

日本には ボランチという守備的な位置の選手が充実している。
福西を初め、稲本、遠藤、中田浩、そして 小野も現在ここに属している。

「ムー」の理想としては 福西&稲本のコンビが世界的に通用するのではないかと思う。
そして チームでも随一のテクニックを誇る 小野は 俊輔の位置で攻撃的に起用すれば 得点力も 抜群に上がるのではないだろうか、と考えている。

世の中では 俊輔の存在は必要だと考える論調があるが、彼ほど攻撃に後ろ向きな攻撃型MFもいないだろうww
彼はメキシコ戦の後のコメントで 「ヒデさんが攻撃的な位置にいるので 自分は守備に回らざる得なかった」みたいなことを言っていたww

ヒデが守備的MFとして起用されているにも拘わらず、攻撃的に行かなければならなかったのは 後ろ向きな俊輔のせいなのである!!
攻撃の流れを止めてしまう ゲームメイカーなんて必要ないのである。

また俊輔は極端にフィジカルが弱い!!
まるで 高校生レベルだww
コンフェデ杯でも すぐに潰されていた・・・・・・
「持病の腰痛が悪化して体調が満足でなかった」と俊輔を擁護する論調もあるが、それなら試合に出るな!!と言いたい。

彼は非常にテクニックに優れた選手ではあるが、そのテクニックもトップスピードになったときには発揮できないのが現状だ。
それはドリブルで競争したときにはっきりと証明されているww
抜けないのであるww
すぐにボールを奪われるのである。

彼には ブラジル戦のようにゴールに結びつくプレーをしたが 結果よりも あの姿勢が大切なのである。
後ろ向きな攻撃的な選手は 必要ないのだ!!

来シーズンは スペインのチームに移籍するようですが 自分の甘さを実感するには いい経験でしょう♪

やっぱり 今の俊輔は 代表には 要らない!!
[PR]
by sakura_fub | 2005-06-30 15:36 | サッカー

サッカーネタです。

コンフェデ杯、ブラジルVSドイツ・・・・・・・・・

ブラジルFW,アドリアーノの2発で 3-2で 王者ブラジルが勝利しました。
凄かったですね。

新聞各社は、日本VSブラジルで、 「日本はブラジルを本気にさせた!」と書きまくっていましたが、明らかに、その戦い振りとは 比較にならないくらい ブラジルの本気モードを観ましたね。

日本戦では、「サッカーを楽しんでいる」ようにも見えたブラジルですが、ドイツ戦では、皆が必死にやっていましたね。

ブラジル戦で 2得点できたことは かなり高く評価できますし、終了間際に 3点目の絶好のチャンスを演出できたことも 評価できます。

しかし、王者と引き分けた!ということで 「世界に通用する!」「W杯!優勝も夢じゃない!」と湧き上がるのも どうかと感じます。

2戦前のメキシコ戦では、2-1で敗戦したのですが、「得点差以上に世界の壁を感じた・・・」などと落ち込んでいたくせに、この変わり様www

内容的には メキシコ戦と同じくらい、力の差を見せ付けられてることに気付かないのは どういうことだろうか?

キャプテンの宮本を始め、ほとんどの選手が 「世界に通用すると実感できた。」と語っているようだが、今のままでは 世界の強豪を相手にしたとき、通用しないだろう。

DFがしっかり出来ないから、攻撃もチグハグになることに 気付かないかぎり、修正も出来なければ、成長もしないだろう。

どうか、このまま うかれないで 早く気付いてもらいたいものだ。

この世代のA代表は 真に、 「W杯 優勝」を狙える世代なのだから!!
[PR]
by sakura_fub | 2005-06-26 19:01 | サッカー

コンフェデ 総括!

準決勝・決勝を残して 総括というのもなんだが、我々、日本代表のコンフェデは終わったのであるから 「総括」としても 異存はあるまいwww

1戦目・2戦目と現地で観ることが出来た「ムー」は、時差ぼけが抜けないこともあって、3戦目は 苦も無く TVで観戦できたww

1戦目の「メキシコ戦」・・・・・・全く、ボールキープが出来ず、世界の壁を感じさせられた。
ボールを奪っても、すぐに取り返されるし、俊輔に至っては、すぐにバックパス・・・・相変わらずの気の弱さだ・・・・・アジアレベルでは通用したドリブルも、全く通じず、すぐに倒れてばかりだった。常々、「俊輔不要論」を展開している「ムー」にとっては後半の俊輔交代は 願っても無い交代だった。
メキシコ戦の敗因は 俊輔・アレックスの左サイドの弱さが原因だと分析する。
ジーコジャパンは 1年かけて ココを重点的に修正しなければならないであろう。
そして、攻撃陣にはもっと 攻撃に対して どん欲になってほしいものだ。
いい手本が すぐ近くにいる。
「大黒様」だwww
彼のセンスも大したものだが、ゴールに対するそのどん欲さには、ジュビロの「ゴン中山」を思い出させる。

2戦目の「ギリシャ戦」・・・・・・・元々前評判の高くなかった大会で、神がかりなプレーを連続し、見事 ヨーロッパチャンピオンになったのは 今は昔・・・・全くその輝きが見れない中、日本は勝利したが、日本が彼らの良さを打ち消したという印象は全くない。きっと 本来の力を出し切れなかったのか、元々 それほど実力も無かったのであろう。
勝って当然の試合ではあったが、日本の守備も攻撃も チグハグなものだった。
修正どころの問題では なさそうだwww
大手術が必要だと 感じたww

3戦目の「ブラジル戦」・・・・・・・当初は「主力温存」と報道されていたブラジルだが、ほぼベストメンバーが出てきた。1・2戦目を間近で観戦してきた「ムー」は。ある種、違った見方をしていた。「今の日本代表とブラジル代表との力の差は、歴然!ぼろくそに負けて、そこから何かを見いだし、成長すればいい。」と・・・・・・
思ったとおり、ブラジル代表は 予選も突破していないにもかかわらず、笑顔を見せながらプレーしていた・・・・・ボールもうまく奪えず、遊ばれているようにも感じた。
ロナウジーニョやカカといったスーパースターが出てきたのは ジーコ監督のお陰であろうww
相変わらず、DFは崩壊ww
21歳のFWロビーニョにあっさりゴールを割られた・・・・・・
いつもなら「あぁ~~~~・・・・・・」と残念がる「ムー」もDF陣の不甲斐ない守備に 「まぁ、当然かww」と苦笑してしまう始末であったwww
その後、幾度となくボールを奪うもキープ出来ず、すぐに奪い返される始末www
そんな中、相手ペナルティーエリア外で俊輔がいい形でボールをもらった瞬間に 「ムー」は「打て!!」と夜中にも拘わらず叫んでしまったww
驚いたことに あの消極的な俊輔が あの場所からシュートを打ったのである。
いつもならあそこからは、パスを出してチャンスを潰すというのが パターンだったのだが、シュートを打ったのである。
ゴールしたことよりも 打ったことの方が 「ムー」には驚きであったww
中々、ペナfルティーエリア内に入れないときは 遠めからシュートを打って相手をかく乱するのが、常とう手段なのだが、あの俊輔がそうしたことに驚いたのであるwww
その後、すぐに1点返されて、「終わった・・・・・」と諦めていたww
後半30分、至近距離からのシュートをGK川口が顔面ブロック!!
その後、うずくまっていた川口が立ち上がったくらいから チームの雰囲気がガラっと変わった。
「マイアミの奇跡」を演出したゴッドハンド川口が蘇ったようにも思えた。

後半終了間際、俊輔のFKの跳ね返りを 大黒が押し込んで同点にしたが、本当ならもう少し早く追いつきたかったものだ。
そうすれば、本気のブラジルが観れたんだけどなぁ~~ww

世間では 「あのブラジルと引き分けた」と騒いでいるが、試合内容はかなり お粗末なものだったことに気付きなさいww
2得点したことは かなり評価に値するが、相手DFを崩して奪ったものではないことを思うと、少しだけ不安を感じるww



3試合を総括して言えば、「ジーコジャパンは、トルシエジャパンよりも 確実に弱くなっている。」ということだ。
世界で勝負できたのは、中田、福西、川口、加地、大黒だけだった。
それから、小野、稲本、遠藤、それから中沢も おそらく勝負できるであろう。
W杯本番まで まだ1年ある!!
攻撃陣は、サイド攻撃だけでなく、中央突破やカウンター時のスピードの重要性を教え込まないといけないであろう。
DFに関しては、オフサイドトラップを仕掛けろ!とは言わないが もう少しオフサイドも意識した守備を展開すれば 身体的に劣る 「BONNSAI DF陣」も負担が減るのではないだろうか?

それから、俊輔だが「ブラジル戦」のようにいつでもゴールを意識して試合に臨むのなら、フィジカルをもっと、もっと鍛えて、「パッサー」としてではなく「ゴールゲッター」として成長しなさい!!
テクニックは 抜群だが フィジカルとメンタルは 高校生レベルだと酷しておこうww
フィジカルの弱さは、ボールをキープ出来ないという致命傷につながる。
メンタルの弱さはテクニックにも影響してくるし、なによりも流れを止めてしまう!!

トルシエが俊輔を 起用しなかったのは そこなんだと代弁してやるよ♪
そろそろ 気付きなさいww
多くのサポーターは 君に大いに期待を寄せているのだからww
少しは「ムー」にも期待させてほしいものだ。
中田の負担を軽減させられるのは、小野と俊輔くらいなんだから♪

頑張れ!!日本!!
本番は 1年後!!
まだまだ やるべきことは たくさんあるぞ!!

まずは アジア予選、最終戦の「イラン戦」!!
お互い W杯の切符を手にしているので 消化試合になるだろうけど、前回は負けているんだ!!
借りを返してやれ!!
5-0くらいで コテンパンにやっつけてしまえ!!
[PR]
by sakura_fub | 2005-06-24 01:10 | サッカー

小野が骨折??

驚きました!!
どうしましょ!!

本日 W杯アジア最終予選で バーレーンと戦うというのに・・・・・・・・
小野選手が 練習中に足の甲を疲労骨折しただなんて・・・・・・

高原も 肉離れで今回は出れないし・・・・・・・
中澤も 腰の調子が思わしくないみたいだし・・・・・・・・

日本には かなり厳しい試合になりそうですねww

しかし、小野の位置には 福西、遠藤、稲本と 素晴らしい選手たちがいますから 大丈夫かな?ww
と、気楽に考えてます♪

しかし 報道によりますと 今回は 3バックの1トップで臨む!とジーコは言ってるみたいですが、本当なのでしょうか???

それなら 3-6-1ってことでしょうかね??

まぁ FW選手の実力は あまり評価されないですから 1トップでも良いかも知れませんが、鈴木が倒されることによる セットプレーのチャンスが確実に減りますな♪

それに 3バックにすることで 守備時には 両サイドハーフが戻ると考えられ、実質的には5バックになってしまいますな♪

明らかに 効率が悪くなりますな♪

しかし ここが正念場!!!
しっかり結果を残してくださいませ♪
[PR]
by sakura_fub | 2005-06-03 03:03 | サッカー

ジーコに助言♪

日本代表チームが W杯アジア最終予選バーレーン戦に向けて 合宿を行うため出国した。

前回のバーレーン戦では 相手のオウンゴールで 1-0と辛くも勝利したわけだが やはりここでも 決定力不足に懸念を示さないわけにいかない。

日本選手の技術は 格段に進歩はしている。
しかし、一向に決定力は上がっていない。
少し 考え方を変えてみては どうだろうか?

日本選手のパス技術は 世界的に見ても かなり素晴らしい域に達していると思う。
各選手とも ほぼ狙った所付近には 送れるはずだ。
「シュート=強く蹴るもの」 と考えるから 力が入ったりして 大きく枠を外すのではないだろうか?
確かに ゴール前ともなると そうそう良い体勢でボールを持たせてはもらえない。
悪い体勢で強く蹴るのは 至難の業。
しかし コロコロと転がってでも ゴールマウスに入れば 1点なのだ!!

へなちょこシュートでも いいじゃないか!!
ゴール枠内に向かえば 嫌顔でも 相手DF・GKは ボールに触れなくては行けない。
そうなれば CKのチャンスも増える。
クリアミスやハンブルをすれば また ゴールを狙えるチャンスにもなる。
ゴールにパスをする気持ちで 蹴り込みなさい♪

サッカーは野球と違って 攻守の交代が明確に決められていないスポーツだ。
ずっと攻め続けていても良いスポーツなのだ。
ミスミス 相手にゴールキックを与えることはない。

先日のUAE戦でも 枠内に飛んでいれば 3点くらいは獲れていたと思うのは 「ムー」だけだろうか?

今の日本は世界でも通用するレベルにある。
まだまだ 発展途上のアジアレベルでは 群を抜いた存在である。
多少、コンディションが悪くても 自分たちのサッカーをすれば 負けることはない!!

「ムー」の助言としては 「俊輔を先発で使うな!!」だww
何度も言うが 彼は 上手い!!
しかし チームとして あまり機能しない。
もし 使うのなら 「スーパーサブ」として 使うのがベストであろう。
どうしても 相手ゴールを破れない時、彼の途中投入は 大きなアクセントとして リズムを変えることができるだろう。

相手チームも 中田・中村を中心に研究をしているだろう。
2人が並んで先発することは 相手の術中に「はまる」ということだ。

バーレーンの主力は カードの累積で出場できない選手がいる。
本番とはいえ ある意味 まだまだ試すチャンスがあるということだ。

日本にジダンはいない!!
自由に動き回る トップ下は必要ない!!

どうしても トップ下をおきたいのなら 得点を狙える 藤田を起用するのが もっともふさわしいだろう。
[PR]
by sakura_fub | 2005-05-29 23:47 | サッカー
あまりにも チグハグである。
前日の発言からして カウンター守備に重きを置くと見られたジーコジャパン。
蓋を開けると 3-5-2のシステム。。。。。。
そうじゃないだろ!!と 言いたかった。。。。。
守備を固めるサッカーをするなら せめて 4-4-2のシステムだろ!!と。。。。

ジーコのやりたいことが まるで見えてこない。
選手さえも 戸惑ってるようにも 感じる。

今回のキリン杯。
FIFAランク、ペルー(66位)、UAE(88位)、そして 日本。。。。。17位。。。。。
優勝して 当然のダントツのランキング順位。
にも 拘わらず 連敗。。。。それも 無得点。。。。

多くの人は 「何度かいい形で 攻めることが出来た!あと少し!」と 言うだろうが、
実力の差から言って いい形で攻め込んで 当然!!
勝って 当たり前の大会であった。
しかし、結果は。。。。。あまりにも無残だ。。。。。

次回、W杯アジア最終予選、バーレーン戦(アウェー)には 中村俊輔の出場が濃厚であろうと思われる。
しかし、それで 安心とは 全く思えない。
彼は 輝く時とそうでない時の差が 大きい。
ギャンブルは出来ない 一戦だからだ。
そういう意味では 左サイドには 三浦淳をお奨めする。
彼なら確実にチャンスを作り出せる能力とタフさがある。

4-4-2。
ジーコは 自らの理想を追求すべく そのシステムで臨むべきだ。

ほんまに頼むぞ!ジーコ監督!!

頑張れ!!日本!!
[PR]
by sakura_fub | 2005-05-28 11:01 | サッカー
ジーコジャパンが W杯アジア予選突破を目指すため、自らの理想とする攻撃サッカーを捨てて、勝ち点を奪うために、手堅く泥臭いサッカーをすると 明言した。
はたしてそれで大丈夫なのだろうか?
決定力の高いチームなら 1回のカウンター攻撃で 得点も狙えるが 日本は決して決定力のあるチームではない。
10回、20回と攻め込んで、やっと得点に結びつくチームだと言っても 言い過ぎではなかろう。
せめて、得点するまでは 従来の攻撃サッカーを遂行すべきだと思う。
5-0で勝たなくてもいい。。。。。。1-0で十分なのだ!!

上の発言を聞いて「ムー」は こう思った。。。。。。
「やっぱり ジーコジャパンは 上手く行ってないんや。。。。」とww
今だに トルシエジャパンの 3-5-2のシステムを使ったりする。。。。
ジーコの理想は ブラジル代表と同じ 4-4-2である。
それが Jリーグレベルでもあまり得点できていないFW陣(大黒を除くww)のおかげで 上手く機能しないのだろうか。。。。。

サッカー協会も トルシエ時代と違って かなり協力的なのに なにをしているんだろうか。。。。
頑張れ!!ジーコ!!!

今こそ 思い出せ!!
ジーコジャパンの初陣を!!!
あの ジャマイカ戦こそが ジーコジャパンの目指すべきサッカーだ!!
あのサッカーをしていれば 「バーレーン」や「北朝鮮」には 負けることはありません!!
躍動感のある流れるサッカー!!
たとえ、アウェーであっても その姿勢を貫いてほしいものです。。。。。

このままだと 今日の UAE戦。。。。。。。。。危ういです。。。。。。。。。
引き分けも ダメ!!
必ず 勝ってください!!!

頑張れ!! 日本!!!
[PR]
by sakura_fub | 2005-05-27 16:24 | サッカー
後半ロスタイム。。。。一発のカウンターを決められ 0-1でペルーに敗れた。
FIFAランクを見ても、自国開催と見ても、日本の優位に変わりはなかった。。。。
しかし 結果は「0-1」。。。。。。
「結果を求める」と臨んだジーコ監督を思うと 不憫でならない。

一体 なにがしたかったのか?
戦略的なことも 何一つ 見出せなかった。
チームとしての成長が 依然 感じ取れないというのが 本音である。

この試合で 目立ったのが やはり三浦淳と遠藤である。
本来なら この2人は 脇役で輝くのが望ましい選手だが 今回のメンバーでは 主役に成らざる得なかったのだろう。。。。
この2人の放つ光は 正に「いぶし銀」の輝き!!
どんな状況下でも 輝くことを忘れないのが特徴である。
ある意味貴重な存在である!!
特に 三浦にいたっては 不慣れなポジションにも拘わらず 十二分に輝いたのは さすがだww
そして 結果こそ残せなかったが 途中交代で出場した 「大黒」!!
攻撃のアクセントを作り出す基点になったのは 言うまでもないww

稲本に関しては 相手DFに倒されることしばしば。。。。本来、彼はフィジカルの強さが特徴なのにも拘わらず そうなってくると ジーコジャパンとしても苦しい所だ。。。。
頑張れ 稲本!!

次は 27日の「UAE戦」!!

何度も言うが 「ジーコジャパン初戦」のような 未来を感じさせてくれる試合を望む!!
[PR]
by sakura_fub | 2005-05-22 16:27 | サッカー

いざ!出陣!!

22日からキリンカップが開催される。
その後、すぐにW杯アジア予選に突入するので 気の抜けない試合が続く。

注目されるのが やはり 代表メンバーだ。
ジーコは 中村俊輔と中田ヒデを中心にメンバーを組んでくると思われるが、そこに 「一言 物申す!!」
思い切って 中村俊輔を外したら どうだろ?
俊輔は 確かに うまい!!
フリーキックも かなりの武器になる。
しかし、個人的には チームにマッチしにくいんじゃないか?とずっと思っていた。
ヒデと一緒だと なんか遠慮してるようにも 感じる。

ヒデと俊輔・・・・・・
ヒデも 調子こそよくはないみたいだが、試合中に悪いところを修正していける能力は 群を抜いている。
小野を前に出して、中田&小野の攻撃的MFで どうだろうか?
ボランチに 福西と稲本、もしくは 遠藤!!

アレックスは 左サイドバックだ!!
小野、遠藤との相性も かなりいい!!

あとは 宮本・中沢・加地で 攻撃的4バックでいいんじゃないか?
GKは もちろん 川口できまり!!ww

残りは FWだけど。。。。。。

高原と誰を組ますか?だよね。。。。。。。

思い切って 高原の1トップで すぐ後ろに 藤田なんか置いたら おもしろいかも!!ww

4-5-1のシステムになってしまうが 大丈夫でしょ! きっとww

日本のは 絶対的なストライカーがいない分、2列目・3列目からの攻撃参加が重要になるのは 必至!
そう考えれば 1トップで 好きに走りまわらしたほうが 高原の 「泥臭い」持ち味も 引き立つのでは ないだろうか。

このメンバーだと 中盤でのボール支配率は 格段に上がると思う。
また コーナーキックなどのセットプレーでも 高さがかなり 活かせると思うのだが どうだろ?


衝撃的だった ジーコジャパン デビュー戦!!
親善試合だったとはいえ 相手のジャマイカを翻弄した 「黄金の中盤」の4人。
中田・小野・稲本・中村!!
あの時、感じた A代表の可能性は 一体なんだったのだろうか?
このまま成長しつづければ ドイツでは 優勝するんじゃないか?とさえ 思ったものだwww

今一度 あのときの 感動を呼び起こしてくれ!!

健闘を 祈る!!
頑張れ 頑張れ ジーコジャパン!!
[PR]
by sakura_fub | 2005-05-19 02:06 | サッカー
サッカーW杯予選!!
北朝鮮への処分が出ましたな。
第三国での開催、及び 無観客試合!!
注目すべきは やはり 無観客試合という FIFAの裁定かと思われる。
新聞等の報道を観ると「モチベーションが低下する」と答える日本の選手が多いように思えた。
実際、「ムー」も海外の試合ではあったが 無観客試合をTVで観たことがある。
なんとも 殺風景で つまらない試合に感じた。
そういう意味では サポーターの力は絶大だと言わざるを得ない。w
選手たちには 酷かも知れないが 「プロだろ?」と ハッパをかけておこうww

世の中にはいろんな見かたがありますが 「ムー」的には 今回の裁定は 日本にとって
不利に働くと考えます。
技術や戦術という面では心配はしていませんが、やはりメンタルに目を向けると「?マーク」を付けざるを得ません。
アウェーで試合した方が、反骨心というか「やってやるぞ!!」という気持ちが湧きやすいのではないでしょうか?
そういう意味ではメンタル的には北朝鮮が勝っていると思われ。。。。
対北朝鮮戦のホームでの試合、、、、あれだけ押し込まれたのはメンタルな部分での問題が大きいと感じました。
やはり 徴兵制度とかが 関係してくるのだろうか??ww
とにかく、日本には なんとしても 勝利を勝ち取ってもらいたいものだ。

しかし、この無観客試合!!
サッカーをしている子供たちには 大変 重要な役割を担うのではないだろうか?
普段は大歓声にかき消される選手たちの掛け声、指示などがそのまま伝わってくるのだから、かなり勉強になるのではなかろうか。
日本のトップレベルの選手たちが、チームプレイにおけるコミュニケーションの大切さを身をもって教えてくれることだろう。
そういう意味では 放映権をもつ テレビ朝日の役割は重大になってくる。
芝生を踏みしめる音まで聞こえるくらいのクオリティーの高い音声を期待していますww
また、子供たちを指導する人たちはビデオをとって永久保存しておくべきだろう。
ちょっとした連携プレーのひとつひとつも ちょっとした掛け声から成り立っていることを子供たちに理解させるには いい機会だと思います。

Let's go to the Germany!!!
みんなで ドイツに行こう!!!
頑張れ!!日本!!
[PR]
by sakura_fub | 2005-05-02 15:36 | サッカー